主役のお二人だけではなくお母様の衣装【留袖】こだわられている方が急上昇!!!

2021.9.12

9月12日は、「宇宙の日」です!!!宇宙と言えば私は星を思い浮かべます★★
最近は、気温も涼しくなってきたので空も高く見えるようになりオーシャンプレイスから見るロケーション・夜空は最高に
素敵な景色となっています!!!★

さて、今回は、
お母様が結婚式当日着用される『留袖』についてご紹介をさせて頂きます♡♡
タイトルにも書かせて頂いたように近頃は、主役である新郎新婦様の衣装だけではなく
色味・デザイン共に豊富なお着物も沢山あるのでこれから一緒に衣装を選びに行かれる
豆知識として見て頂ければと思います。

ソース画像を表示ソース画像を表示

★留袖とは、、、

昔、振袖の長い袖を短くカットして、脇下の開き部分を縫い留めた着物を、「留袖」と呼ばれていました
現代では、袖が短く、着物の裾部分だけに模様が入った着物の事を「留袖」と呼びます。
そして、留袖の中でも地の色が黒のものを【黒留袖】、黒以外のものを【色留袖】と言います。

留袖の選び方としては、、、

【黒留袖】は、新郎新婦の母親、祖母、叔母、姉妹など、近しい親族が着る着物となっております

ただし黒留袖を着られるのは、「既婚の女性」で、独身の方は着られないと言われています。
そして、既婚女性の着物の中では、最も格式が高い着物とされています。

【色留袖】は、新郎新婦から続柄が遠い親戚が選ぶことの多い着物です。

色留袖に関しては、「既婚の親族の方で黒留袖は、、、」という理由で、
色が付いている留袖を着られる方もいらっしゃいます!!

昔は既婚女性しか着られなかった色留袖ですが、今では未婚でも着て頂けて人気の留袖となっています

続いて柄についてご紹介させて頂きます♡♡

〔1〕不老長寿を願う「鶴」や「亀」
ソース画像を表示ソース画像を表示
→鶴は千年、亀は万年という有名な言葉があるように、鶴と亀は長寿を表すモチーフ。
他にも、縁起が良いとされる、鳳凰・龍・松竹梅・などは、不老長寿を願う柄行となっています。

〔2〕子孫繁栄を祈る「葡萄」や「瓜」
ソース画像を表示ソース画像を表示

→葡萄は「一房に沢山実がなる」所から、子孫繁栄といったおめでたい柄だと言われています。
そして同様に沢山実のなる瓜や唐子なども子宝を願った意味の柄となっています!!!

今回ご紹介させて頂いた「柄」にも様々な願いを持った意味がございます。

色を染めたものだけでなく模様が立体的になっているお着物もございますので
意味も含めて選んで頂いても素敵ですし、
柔らかい色味を選んでみたり、発色が綺麗に出ているお着物を選んで頂いたりしても見られる印象が
変わってくるのでぜひ衣装店に見学に行かれた際には、じっくりお着物を見てみて下さい!!

留袖を着用される方にとっても「運命の一着が見つかりますように・・・♡

神戸の結婚式場オーシャンプレイス
渡部歩乃香

新着記事